現状打破の姿勢をつくる

脳力開発⑤
指針③現状打破の姿勢をつくる
現状維持の姿勢の人の特徴を3つあげます。
1 新しいことに対してあまり積極的でない。
2 目的、目標意識が低い。
3 人からの評価(人にどのように思われるか)気になる。ということです。人間は、自分で現状打破をしたいと願いながらも、結局行動を変えることも
なく、現状から脱皮できない人が多いわけです。私もそうでした。願望熱烈、意志薄弱というわけです。
原理的に考えれば、①人は誰でも新しいこと初めてのことにには 難しいと感じるものです。②失敗を恐れるものであり、 ③人からの評価を気にするものです。その感情、心の動きにとらわれていたらいつまでも変えられません。
その感情、心の動きを変える工夫が必要です脳力開発では①難しいこととやさしいと感じる事の違いは、時間、量の問題として捉えます。難しいことは時間がかかるだけだと。②失敗は悪いことではない、一回目の失敗を一歩前進と呼ぼう、そして二回目の失敗を確認と考え、マイナスのイメージを払拭することです。③人からどう思われるかを気にするわけですが、 実は人間
は他人よりも自分自身に強い関心を持っています。そして人の事も噂をしますが、現実は人の噂も75日という諺の通りです。ですからいたずらに見栄や虚栄をはらないこと。これが原理です。
 現状打破の習慣を身につける方法としては具体的には、①知ったかぶりをしない。知らない自分に向き合い正直になることです。知らないことは少しも恥ずかしい事ではありません。知らない自分を認識することがすべての出
発点になります。  
 次に②常に明るい前向きな言葉を使うことです。三禁句として無理です 、駄目です、できませんという言葉を発しない。 明元素(めいげんそ)言葉を多用することです。言葉はイメージを伴います。絶対に消極的な言葉を
口にしないということです。
中村天風も実践行動、数々の著書の中でいっている事です。 この言葉は正に黄金の言葉ということですね。私は37歳から全くと言っていいほどこの言葉を使いません。
二人の息子の続けての交通事故や入院中の院内感染、その後、問題に突き当たったときも、常に積極的に過ごしてきました。息子たちはその後それぞれ愉快な人生を過ごしています。③人と比較する生き方をしない。人間の不幸は全て他人との比較した生き方にあります。自分独自の生き方を追求することです。このことが、使命探究、理念探究へつながってきます。自分独自の天から与えられた使命に生きるということです。


志に生きる(ヒマラヤ大壁画に挑む)

志に生きる(ヒマラヤ大壁画に挑む)
 今年四月、六本木の画廊で郷里の先輩の紹介で田渕隆三氏の作品展にお伺いした。高校の先輩である。飾られた数々の絵を見ながら、非常に強いエネルギーを感じた。このあとヒマラヤに絵を描きに行くと仰っていた。その会で小品を二点求めた。同行できなかった妻にも是非会って貰いたいと思った。そして七月、ヒマラヤから帰国して、作品制作に余念のない田渕さんを、善子と二人あきる野の美術館・工房に訪ねた。数々の作品に目を輝かせて見入った。昼食を交え夕方まで溢れ返るエネルギーに満ちたお話を聞かせていただ。記念に善子の顔も描いて頂いた。また、作品を二点求めた。「カトマンズの太陽」と「エベレストへ街道を行く・最高峰への道の道」。いまわが家を訪れる人達を迎えている。
 今年五月に続いて十月秋のヒマラヤから帰国されたばかりの田渕さんの作品展を見に行った。今までは4200メートルでの制作、今回は5600メートルまで登られ、その地でヒマラヤ三山を描かれた。早朝から氷点下18度の中で5~6時間制作に没頭される。その迫力は形容しがたい。高地順応をしながら、登られ、しかもその地でヒマラヤの山々を描かれる。想像を絶する世界だ。田渕さんは四年後にはオランジュリー美術館のモネの睡蓮の大壁画のように、ヒマラヤの山々を90メートルのキャンバスに描かれようとしている。その構想は着々と進んでいる。
 絵画の評価は作品よりも、画家の名前によって評価し、後世の人が、時に法外な値段をつける。経済的な評価が作品の価値であるかのように錯覚する。私たちの好きな田中一村もゴッホも生存中は世間から評価されることはなかった。死後、その作品は異彩を放ち、命を懸けた作品のエネルギーは沢山の人達に希望や勇気や生きる力を与え続けている。
 田渕さんを突き動かすものは何か。若くして会った師から「見える通りに描くこと」と教えられた。「私にはこう見える。ここに個人の確立がある。さらに見える通りに描くことは果てしない我が良心との闘争である。良心に添って行動することは我執ではない。道理のうちに自我を没することである。」(2001年著書・光の朝より)

 「自然の美しい調和を感じる能力が人間には備わっています。自然や物を自分の目でしっかりととらえて、その心を形にする事が「美の創造」です。、、、山は偉大にして神聖なり、人間は偉大にして美の創造者になった。」(2008年著書・ヒマラヤの風より)後四年、90メートルの絵が完成する日を愉しみにしている。志に生きる姿を見たい。


鷹の眼、蟻の眼(全体最適と部分最適)

鷹の眼、蟻の眼(全体最適と部分最適)
進化経営学院ジュニアコースの報告
今年のジュニアコースも第六回目を迎えました。今回は、参加者の熱意、講師陣の熱意も相まって、初日は朝6時から掃除、6時半からMGを中心にした経営の勉強が始まります。一口に経営といっても、日頃は自分の営業や業務の実務が中心ですから、経営という感覚は実感しにくいと思います。私自身が、支店長になるまで経営をする感覚はわかりませんでした。そしてMGを体験する過程で、全体を見る眼、経営を見る眼を養っていったのです。それでも当時はMGを百期やっても、意識しないと(求める気持ちがないと)わかりません。その体験をベースに進化経営学院のカリキュラムはつくってあります。
 今回で、経営計画を立てる。市場を見る。そして参加する企業の態勢(設備投資、将来計画、今期の目標等)を視野に入れながら、ゲームに取り組んでもらいました。今回報告したいことは、その全体を見る眼、鷹の眼を数回体得してもらえたということです。①全体を視野にゲームに取り組んだ。②経営計画を計画どおり完遂した。③将来の姿を描きながら、設備投資、研究開発、人員計画等の態勢づくりもやり切った。ということです。完遂した、やり遂げたというのは自信になります。そしてその体得は経営をする上で非常に大切なことです。

人は自分の仕事のポジションによって部分最適の能力を伸ばすことはできますが、どうしても全体最適、鷹の眼で見ること、考えることは難しいです。この壁を超えることが一番大事なのですが。今回第六回目でその感覚を体得してもらえた、充実した研修でした。そしてその感覚を身につけた人に、初めて会社の目的(理念)という概念が身近になってくると感じました。このように、若い人たちが自身の成長を実感できる時に出会えることが、私の喜びでもあります。


根本的解決に如何に迫るか、日本の未来

脳力開発36
根本的解決に如何に迫るか、日本の未来
 先日、理念探究会をサポートしていただいている大和先生との面談の話題が「根本的な未来への問題解決」と言うテーマでした。毎月、定期面談をしているのですが。世界で、工業化が本格化した産業革命以来、経営者が利益を生むために何をしてきたかというような話です。利益を生み出すために多くの経営者は、一貫して、人員の削減という方向に動いてきたと言うことです。
 現在①世界は人口は増え続けている。②先進国、欧米はまだまだリーマンションクいらい契機の低迷と二番底の恐れを引きずっている。③日本企業もリストラ、合理化による調整は歯止めがない。④食料自給率は低い。⑤食料及び、原材料の多くを日本は輸入に頼っている。色々な問題が山積しています。
 工業化社会の中で、世界は生産地を日本から、中国、インド、その他新興国に移転していますが、その中国が世界から資源、食糧の輸入をはじめ資源外交に精を出している。生産地である新興国は、いずれ遠くない将来、人件費が高騰するのは明らかです。そうすると、中国に進出している企業は更に人件費の安い所に移転してを繰り返すという、焼き畑農業と同じことを繰り返すことになる。振り返れば欧米がやってきたこのビジネスモデルは「弱者からの収奪の歴史といえよう」。
 今日のテーマは、このことを指摘するのではなく、これから世界、先ず日本の未来を救う方途は何かということを考えたいのだが。救う方途はあるのだろうか。
 私たちの結論は、自らが最低限度食料を確保できる態勢を整えるということです。家庭菜園でもよい。自給できる態勢をつくること。そういうと、都会の人達は難しいというでしょう。できない理由はいくらでもあげられます。例のトラック一杯あるということですね。
 戦後は、皆が農家に闇米を買いに行った。時に物々交換をして糊口をしのいだ。ソビエト崩壊の時も、年金生活者で田舎に自家用の畑を僅かながらも持っていた人はなんとか凌ぐことができた。都会の生活者は超インフレに目も当てられないような体験をした。僅かながらも自給できる態勢があったことが身を救ったという事です。

 政府は自給型・国民皆農の仕組みを提示し、私たちも国民も孫たちの将来に思いを馳せることです。残念ながらどこの国でも政治家は大衆に迎合し、国民は国に依存する悪癖を持っています。ある意味で行き着くところまで行かないと変わらないかもしれません。しかし日本人の良きDNAは決して失われてはいない。20年30年を視野に入れたお考えをお聞きしたいものです。